誰でも勝てるFX!4時間足移動平均線トレード手法考察ブログ

絶対に海外FX口座を開設すべき理由 5選!!

calendar

reload

絶対に海外FX口座を開設すべき理由 5選!!

「国内にFX業者なんていくらでもあるんだしそれでいいんじゃないの?海外ってなんだか不安だし・・・。」

こんな漠然とした理由で国内のFX業者にて口座を開設する方がほとんどではないでしょうか。そういう自分もそうでした。^_^;

だからこそ「FXするのなら絶対に海外口座を開設すべきだ!」という記事を書けるということでもあるんですね。なぜ海外口座にすべきなのか!その確たる理由をこの記事で紹介します。これを読んだ後はすぐにでも海外口座を開設したくなること間違いなしです!

理由1:高いレバレッジをかけられる!

日本国内のFX業者は金融庁の規制によりレバレッジの上限が「25倍」と決まっています。一方、海外のFX業者はというと、ほとんどの業者で「100倍~1000倍」のレバレッジをかけることができます。桁違いですねwww

さて、このレバレッジが違うとどう変わってくるのでしょうか?

一言で言えば「小額の資金でも大きな取引ができる」ということです。

仮にあなたがFXのトレード資金として10万円を準備できるとします。それを国内のFX業者を使ってトレードをしようとすると資金を25倍にまでしか増やせないので250万円にしかなりません。ということは仮に1$=100円とした場合、最大1トレード25,000通貨分(2万5千通貨分)しか取引ができません。ということは10pips獲ったとしても25,000円しか獲得できません。

ところが、海外のFX業者を使えば10万円の資金を最大1000倍にまで増やせるので1億円(!)にすることができます。ということは1$=100円とした場合、最大1トレード1,000,000通貨分(100万通貨分)も取引することができます。ということは10pips獲るだけで1,000,000円(100万円)も獲得できてしまいます!!

文字だけだと分かりにくいので今の説明を表にまとめてみました。

※説明を分かりやすくするためスプレッドなどの細かい計算は割愛しています。

レバレッジの力恐るべしwww

トレーダー経験がある方は分かると思いますが10pipsなんてものの5分もあれば動いてしまうような値幅。たった5分で10万円が100万円になってしまう。これが「ハイレバレッジの力」です。そしてこの力を使えるのが海外口座というわけです。少額の資金しかなくてもプロのトレーダーたちと同等の資金レベルで勝負ができるこの仕組み。活かさない手はないです!

理由2:追証無し!(ゼロカットシステムあり!)

国内でのFX取引であっても「基本的には」預けた資金以上の損失が発生することはありません。ただし「基本的には」です。つまり例外」があるということです。

例えば、リーマンショック、 スイスフランショック、イギリスユーロ圏離脱ショックなどなど、相場の急激な変動が起こった時です。その際は持っているポジションによっては資金残高がゼロで終わらずにマイナスに突入してしまうことがあります。(逆のポジションを持っていれば資金が一気に膨らむわけですが・・・。)

「損切りを入れておけば大丈夫なんでしょ?」というお声があるかもしれませんがそうではありません。通常の値動きの範疇なら確かに損切りにあってしょんぼり ( ;´Д`) するだけで済みますが、先に挙げたような相場急変時は損切りがきちんと機能しないんですね。

「じゃぁ、いつ、損切り決済が機能するの?」それは相場が落ち着きだしてから・・・。つまり、設定していた損切り価格のずぅぅぅぅっっっっっっと下(もしくは上)でようやく決済が入るんですね・・・。そしてそれが原因で返済不可能なほどの借金を抱えてしまうこともあるということなんですね。

よくFXネタで「一夜にして借金抱えた・・・」「今回の大暴落で電車に飛び込む奴出てくるよな・・・」というのを見かけるかと思いますがそういうことなんですね。

※ 例:スイスフランショック時の2chの模様はこちら

が、しかし!!この恐ろしい問題を回避できる方法があります。それが「海外口座開設」なんですね。

相場が急変して借金を抱えてしまうことを「追証(おいしょう)が発生する」と言い、国内のFX口座を利用していれば相場急変時はこの追証が必ず発生してしまうんですが、海外口座はこの追証が一切発生しません!!

どれだけ残高がマイナスになろうが、それこそ何百万円、何千万円とマイナスになろうがなかったことにしてくれるんです!!海外のFX業者て太っ腹ですねwww(※ごくまれに海外口座でも追証が発生するところがあるのでそこはよく調べてください。)

※ 参考までにわたしが利用している海外FX業者「XM」でも「追証無し」「マイナス残高リセット」を実施しています。


個人的にはこの理由だけで海外口座を開設すべきだと感じます。自分の力で減らせるリスクは徹底的に減らしていきましょう!o(^_^)o

理由3:ボーナスシステム

国内のFX業者ではあまり見られないシステムがこの「ボーナス」です。そしてこのシステムも海外口座を開設したくなる要素の一つになってきます。 詳細を綴っていきたいと思います。

入金ボーナス

私自身の話からで申し訳ないんですが、これまでに国内のFX業者さんで幾度も口座開設をしてきました。(かなりの数の口座を作ってきたのでどこに口座を開設したかわからなくなってますが・・・。^_^; )その中でこの「入金ボーナス」というものを経験したことはたったの一度もありませんでした。

なので、初めて海外口座を開設した時に入ってきた「入金ボーナス」の額を見た時は大感激でしたね。当然、入金ボーナスの額は海外業者さんによって変わってはきますが、私が開設した『XM』では10万円以上のボーナスが最初に支給されました。入金額が確か30万くらいだったと思うので3割以上資金が増えた計算になります。

単純に凄くないですかwww

私の場合は、入金額が大きくはなかったのでもらえるボーナスも10万でしたが、資金がたくさんある方はそれに応じてもらえるボーナスも当然大きくなります。本当にありがたい制度です。

口座開設ボーナス

このボーナスは国内業者でもちらほら見られるボーナスです。「口座を開設してくれてありがとう」 ということで、入金しなくてもボーナスが口座に送られ、業者によっては入金なしでも初トレードができてしまいます。ビギナーズラックにはなってしまうかもですが、この初回ボーナスだけを元手にして資金を大量に増やすことに成功した猛者たちもいますねww

取引ボーナス

取引に応じてポイントが貯まり、そのポイントをトレード資金に変えたり、現金に変えたりできるというボーナスです。 取引する資金量や取引の期間に応じてボーナス額も大きくなります。最初の口座開設時だけでなく、その後の継続利用をサポートしてくれるとてもありがたいボーナス制度です。^ – ^

理由4:NDD方式を採用

NDD方式って何のこと?ってなりますよね。まずはそこからご説明していきます。

NDD方式について

ノー・ディーリィング・デスク(No Dealing Desk)方式と言います。 直訳するとディーリィング・デスクを通さない方式ということですが、「じゃ、ディーリィング・デスクって何?」ってなりますよね。

ディーリング・デスクとは簡単に言えば「仲介所」です。なのでNDD方式とは「仲介所」を通さない取引方式ということです。つまり、客が注文を入れた時にその注文は「仲介所」を通さず取引先へ直接入ります。海外のFX業者は基本このNDD方式を採用しています。

DD方式について

さて、この方式の「対」となる方式としてDD方式というのがあります。ディーリング・デスク(Dealing Desk)方式 と言い「仲介所」を通して注文を入れる方式です。つまり、客が注文を入れた時にその注文は一旦「仲介所」を経由して取引先へ入ります。日本国内のFX業者は基本このDD方式を採用しています。

DD方式は要注意!

が、この「仲介所」を経由するという点が注意点です!というのは、場合によっては客の注文が「仲介所」で止まり取引先へ入らないことがあるんです。そして、あの手この手を使ってFX業者が儲けられるように仕組まれていきます。

分かりにくいと思うので例えで簡単に説明してみたいと思います。

あなたが競馬・競輪・競艇となんでもいいんですが、あるレースを予想するとします。が、忙しくて当日に券を買いに行くことができません。そこで友達に自分が予想した券を買ってきてもらうようにお金を渡します。(この友達が例えるところのFX業者になります。)ところが、その友達、悪知恵が働きます。

「あいつの予想なんてどうせ外れるだろ。てことは券を買ったふりをしてこのお金は俺が貰えば俺得じゃね?! ψ(`∇´)ψ 」

もちろん、あなたの予想が当たってしまった時は、この悪い友達は自腹を切ってあなたに配当金(お金)を渡さなければいけませんが、外れる確率の方がずっと高いのでこのやり方がまかり通ってしまいます。

DD方式を採用している国内FX業者は「仲介所」でこういう悪事を働いていることがあるということなんですね。 いわゆる「呑み行為」と呼ばれているもので「ストップ狩り」「故意のスリッページ」「約定拒否」などありとあらゆる悪手を「仲介所」で行って自分たち業者の儲けを膨らませていきます。なので当然客の利益は減り、損失は膨らんでいくということなんですね。

DD方式よりもNDD方式の方が圧倒的に信頼出来る!!

ここまでくれば、なぜNDD方式を採用する海外FX業者の方がいいのか分かっていただけるかと思います。そうです。NDD方式を採用する海外業者は「仲介所」を使って不正を行うことがないからなんです。というよりも、仕組み上、不正を行うことができないんですね。客である私たちは非常に信頼出来る形で取引を行えるということなんです。

その代わりと言ってはなんですが、スプレッドはDD方式よりも高くなってしまいます。ただ、スキャルピングをする方以外はスプレッドが多少高くても問題ありません。それよりも、安心して信頼して取引ができるNDD方式の海外業者を選びたいと思うでしょう。

国内FX業者を利用していて「約定拒否」「度重なる開きの大きいスリッページ」「ストップ狩り」などなどを嫌という程経験してこられた方、この機会に海外口座を是非とも開設されてみてください。使い心地の「差」に驚くこと間違いなしです!

FX初心者の方でまだ実際に取引を始めておられない方、ある意味とてもラッキーです。わざわざ国内のFX業者で口座を開設して嫌な思いをする必要なんてありません。海外口座で気持ち良くFXトレードを楽しまれてください。

理由5:MT4の利用が可能

FX初心者の方であれば「MT4?なにそれ?」ですよね。まずはそこからご説明させて頂きます。

MT4とは?

簡単に言うと『トレードをするためのソフトウェア』です。グラフィックデザインをしたいときは『Photoshop』、文章を作成したいときは『Office Word』といった具合に有名ソフトウェアの名前がパッと出てくると思いますが「トレードをしたいときに使うソフトは?」と世界中で質問したときに真っ先に返ってくる答えが「MT4」(メタトレーダー4:Meta Trader4)なんですね。

ロシアのメタクォーツ(MetaQuartz)社が開発したトレード用ソフトウェアで、「4」というのは「バージョン4」という意味です。当然、無料で使えます。にも関わらず極めて高機能なので世界中から愛されて使われています。

MT4のどこがいいの?

容量が軽くサクサク動く

「軽い」は正義です。誰もが誰も最新のハイスペック端末を持っているわけではありません。中にはお気に入りのPCやスマートフォンを何年もずっと使っているという方もおられるでしょう。そんなロースペック端末しかないという方でも使うことができるのが「MT4」です。

重いプログラムソフトウェアだと途中で固まってしまうこともしばしばです。そして、そんなときに限ってレートが一気に動いてしまったりします。( ;´Д`) 軽くていつでも確実にトレードができるという点は人気の理由のひとつです。スキャルピングでトレードをする方にとっては特にそうではないでしょうか。

FX業者を変更しても問題ない

日本国内のFX業者を例にとって考えてみると、各業者それぞれが自社のトレード用ソフトウェアを用意していて、基本、そのソフトウェアを使ってトレードをすることになります。が、途中でFX業者を変えた場合、今度はその業者が用意している新たなトレード用ソフトウェアを使ってトレードをしていかなければなりません。その都度使い方を覚えていかないといけないってかなり面倒じゃないですか?( ;´Д`)

その点、海外のFX業者は大抵MT4を利用することがでできるので、一度使い方を覚えてしまえば、業者を変えても問題無し。使い回しが効くんですよね。これって地味なようでかなり助かる部分だと思います。♪( ´▽`)

EAを使った自動売買ができる

これはFX初心者の方には敷居が高くなってしまいますが、簡単に言うと、MT4ではプログラミングされた自動売買システムが使えます。

人間は感情の生き物なのでトレードをする際その感情が邪魔してうまくトレードできないということがあったりします。「じゃ、人間じゃなくてプログラムがトレードするようにすればいいじゃん!」ってことで開発されているのがEA(Expert Advisor) です。巷ではいろんなEAが開発されていますが、MT4はそれらを取り込んで自動売買ができるんですね。

なおかつ、そのEAが利益を出す使えるEAかどうかを判別するチェック機能も付いてます。バックテスト機能といますが、この期間の間にどれだけの利益を出せるのか、どれだけの損失を出してしまうのか、そういったことをテストできるんですね。すごいです。(^-^)/

テクニカル分析が無限にできる

移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、ストキャスティクス、フィボナッチといった有名どころのテクニカル分析機能はもちろん搭載されていますが、これはどのトレードソフトにも同じく搭載されています。

MT4のすごいところは、これらの基本的なテクニカル分析機能の詳細な設定がいくらでもできるという点です。かつ、それらとは別の独自のテクニカル分析機能を開発してそれを利用するなんてことも可能です。大抵の方はそこまでは無理だとしても、他の人が作ったそうしたテクニカル分析機能をMT4に取り込んで活用することができます。テクニカル分析を極めたいという方にはうってつけのトレードソフトウェアなんですね。

と、主だったいいところをざっと取り上げてみました。個人的には①と②が特におすすめポイントです!

さてさて、となると「んじゃ、なんで日本のFX業者はこんなに良いMT4を提供してくれないの? 」ってなりますよね。最後にその点について簡単に触れておきます。

日本のFX業者でMT4が利用できないのはなぜ?

MT4を利用すると「呑み行為」(ストップ狩り・開きの大きなスリッページ・約定拒否などなど)ができないからなんです。別の言い方をするとMT4を使うと業者側が儲けられないからなんです。細かい話をすればもう少し説明が必要ですが、大雑把に言ってしまえばそういうことです。なので、国内FX業者はMT4を提供したがらないんですね。

MT4を提供せず、かつ、DD(ディーリング・デスク)方式を採用している国内業者は、原則、疑ってかかった方が良いです。みなさんの貴重な貴重な資金を裏で巧みに吸い上げてる可能性が高いです。ご注意下さい!!

まとめ

以上、海外口座を開設すべき理由を簡単にではありますが5つ取り上げてみました。

1.ハイレバレッジで取引できる

2.追証無し

3.多様なボーナスシステム

4.DD方式を採用

5.MT4がデフォルトで利用可能

この記事をきっかけに一人でも多くの方が、国内口座で搾取されることなく、海外口座で利益を積み上げていかれることを願います。是非、海外口座を開設して気持ちの良いFXライフを楽しまれてください。^ – ^

私が使用している超・オススメ海外FX業者「XM」の口座開設はこちらからできます!!
 
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す